アウトドアならやっぱりキャンプでしょ♪

 
   
 
コンテンツ

   キャンプQ&A


Q1 予約なしでも大丈夫?

. 基本的にシーズン中の混んでいる時期でなければ、空きがあれば泊まれます。
飛び込みのメリットは時間が自由になるほか、実際に自分の目でキャンプ場を確認できる所です。
ただし混雑時には寝る場所が確保できない可能性もあります。
家族連れやグループ、ビギナー、ハイシーズンなら予約を入れておきましょう。


Q2 サイトの場所を予約時に指定できますか?


. 予約時にサイトの場所を指定できないキャンプ場の方が多いですが、AC電源つきサイトや
キャンピングカーサイトなどの指定は可能です。また、グループ客とファミリー客をエリア分けしているキャンプ場もあります。サイトの指定は、到着後がほとんどですが、空いていればどこでもテントを貼らせてもらえるでしょう。常連になれば、予約時にテントを張る場所などを管理にさんの方から尋ねてもらえます。

Q3 初めてのキャンプ! 季節はいつごろがおすすめ

. 具多的には5〜6月上旬、9〜10月上旬がベストだと思います。
空いている平日や混雑が予想される連休をさけ適度にキャンパーがいる週末が一番安心でしょう。
また初めてなら、梅雨時は避けたほうが無難でしょう。

Q4 標高が高くなると寒いけれど、平地とどのくらい違う

. 一般的に100メートル高くなると温度が約0.6度下がるといわれています
つまり、標高が1000メートルの高さでは、6度低くなるという事です
ただし、これは目安であって日差しが少なく風があれば、体感温度はもっと寒く感じます、朝や晩などはもっと寒く感じるでしょう、念のために防寒着などを用意していきましょう。

Q5 一番混む季節はいつ?

. 海、川、山、高原など、キャンプ場の立地や環境によって異なりますので一概には言えませんが
混んでいると思われる夏休みの平日などは、意外に空いている場合があります。
それよりも春や秋の連休などが集中している時の方が混んでいる場合がありますので注意が必要です。

Q6 穴場のキャンプ場を探す方法は?

. ガイドブックで穴場のキャンプ場を紹介すると、残念ながらそれ以降は穴場ではなくなってしまいます。したがって穴場を探すには、知人や知り合いに教えてもらうのも良いでしょう
一概には言えませんが、穴場のキャンプ場は施設が整っていなかったり、綺麗でない所もあるため
実際に自分の目で見て確かめた方が良いのではないかと、思います。

Q7 特典付きの会員カードとは?


. いくつかのキャンプ場のオーナーが協力しあってネットワークを作っていたり、フランチャイズチェーンのキャンプ場が会員カードを発行しているケースが多いようです。特典は利用料金の割引や優先予約がメインで、キャンプ場によっては、その他のサービスを受けられる所もあります。

Q8 利用料金の相場は?

. 大人2人と子供2人で区画サイトを利用して、1泊5000〜6000円程が大体の目安になると思います
2000円ですむキャンプ場もありますし1万円をこすキャンプ場もあります。
風呂や施設利用料などは別のところが、多いので平均で1泊8000円前後を見ておけば、無難でしょう。

Q9 区画サイトの広さは?

. キャンプ場によって様々です、60〜80uぐらいが一般的な広さですが、1区画が10x10メートル(100u)あれば、タープを張ってもゆとりのある広さでしょう。サイトの形や配置、隣のサイトとの間隔などにより多少狭くても、使いやすいサイトはたくさんあります。

Q10 AC電源付きで電源を使わないと?

. 初めからAC電源なしと付では、使用の有無に関わらず料金は高くなるでしょう
それがキャンプ場の都合で電源付のサイトに宿泊する事になれば、使用しなければ、電源無しの料金だと思います。AC電源の利用料は大体のキャンプ場が、1泊1000円位。使用した場合は、追加料金がかかったりします。

Last update:2015/3/20

   Valuable information

オフィシャルチームお探しなら

Last update:2016/10/17

Copyright (C) 2008 CAMP×CAMP All Rights Reserved.