アウトドアならやっぱりキャンプでしょ♪

 
   
 
コンテンツ

   アウトドア用品の選び方


テントの選び方

 

いろいろなテントがあり、何を選んでいいか分からない方が多いですが、雨の日もキャンプをするのか、春もキャンプをするのかなどを考えて購入しましょう。
4人家族で夏だけキャンプをする場合は、ドーム型の6〜7人用がお勧めです。設置がしやすく、軽くて良いですが、平坦な地形にしか向いていません。価格も5〜10万程度とお手頃です。オートキャンプの場合は、車に荷物が置けるので、4〜5人用でも可能です。
2泊以上の滞在をするのであれば、ロッジタイプが快適です。但し、重く、設営に時間がかかるため、初心者にはお勧めできません。但し、土砂降りでもキャンプをしたり、山の中のでこぼこした中でキャンプをしたりする行動派は、ロッジタイプの底(床)がしっかりしたものがお勧めです。


   タープの選び方

 

テントの壁がないタイプをタープといいます。、日帰りのバーベキューに便利です。キャンプ場で日陰を探すのに苦労をし、折角日陰を探しても、午後から直射日光がということになります。そのため、タープが必需品となっています。特に、小学生以下のお子様とご一緒の場合は、準備しましょう。初心者の方は、デザインの美しいウイングタイプを選びますが、タープの下の面積が限られていますので、人数を考えて選びましょう。


   マットは必需品

 

キャンプでは、必ずマットが必要です。マットがなければ、石や草などのデコボコにより、寝心地が悪く、熟睡できません。熟睡できないキャンプを1度経験すると、次にやる気を無くします。
また、5月6月でも夜は冷え込み、マットが断熱効果を発揮し、快適な睡眠を得る事が可能です。
マットの選び方は、折りたたんだ(巻いた)時にコンパクトタイプをお勧めします。


   シュラフの選び方

 

夏しかキャンプをしない方は、あまり気をつけなくても良いですが、春秋にキャンプをされる方は、少々値段が高くても良いものを選びましょう。
良いシュラフは
1.人間の形をしたマミータイプ
2.ダウンでなくてもOK
3.畳んだ体積が小さい。
4.できればスポーツ店で購入し15000円以上のものを選ぶ


   テーブルの選び方

 

プラスチック製のテーブル以外を購入しましょう。コンロなど熱源を使うアウトドアでは、プラスチック製テーブルは変形します。
それ以外では、あまり気にしなくてもいいのですが、できれば次の点のチェックをしましょう。
1.持ち運びやすさ
2.できるだけ大きなもの
3.頑丈さ、特に折りたためためのチョウツガイの強度


   折りたたみイスの選び方

 

1.荷物の量
イスは以外とスペースをとりますので、荷物の多いファミリーキャンプでは、肘掛の無いものがお勧めします。
2.デザイン
オートキャンプで隣が派手なキャンプをしているのに、劣等感を感じたことはありませんか!?小さなイスでは、地べたに座っているようで、あまり見栄えがよくないでしょう。


   ランタンの選び方

 

良いランタンとは、明るく、燃料が長持ちし、準備が容易なものです。例えば、乾電池式のランタンなどは、点けたり消したりする夜釣りには向いていますが、ファミリーキャンプでは電池の消耗が激しく向いていません。
人気があるのが、コールマン社製のホワイトガソリンを使ったもので、明るくていいと言われています。また、ストーブと同じガスカートリッジも、点火が容易なため初心者に向いています。
コールマンか、ガスカートリッジのランタンを選択することをお薦めします。
*ランタンはテント内で使わないこと。一酸化炭素中毒になってしまいます。テント内で使いたい場合は、乾電池式のランタンを多めに購入しておきましょう。


   懐中電灯の選び方

 

たかが、懐中電灯と思われる方も多いと思いますが、夜キャンプで歩いていてつまづいて転ぶことは良くあります。そのため、手で持つ懐中電灯では、転んだ時に、直接地面のぶつかり、電球が切れてしまいます。そのために必要なのが、ヘッドランプです。少しみっともないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、子供には特にヘッドランプをつけさせたいですね。


   アイスボックスの選び方

 

大きなアイスボックスを購入される方が増えていますが、大きなアイスボックスは、車の荷物で相当なスペースを占めるために、あまり好ましくありません。テント、テーブル、イス、ストーブ、アイスボックス、タープかさばる物ばかり、何をどの位置に置くか相当悩むことになると思います。せめて、アイスボックスを小さくし荷物の隙間に入れるだけでも楽になります。また、大きなアイスボックスは重く、車からキャンプ場まで運ぶのに苦労します。
手頃なアイスボックスの大きさは、ペットボトルを立たせて入れられる大きさと考えて下さい。また、アイスボックスを複数準備するよりも、折りたたみ可能なカバン型の保冷庫を併用することをお勧めします。


   調理用品・食器類の選び方

コッヘル
----------

アルミなどの金属製の食器で、茶碗やお皿などのセットのようなものです。器の中に器が収まり、コンパクトに収納できますので、1人1セット準備することをお勧めします。

なべ
----------

オフシーズンの手入れなどの問題があるため、ステンレスのものをお勧めします。中ぐらいの鍋をまず選び、それがスッポリ入るサイズの大鍋を選びます。大鍋と中鍋があるとだいたいが間に合います。

フライパン
----------

ストーブだけで調理する方は、テフロンなどコーティングしたものが良いと思いますが、炭火や、焚き火に直接かける人は、コーティングがないものの方が良いと思います。

カップ・ポット
-------------

できれば準備したほうが、良いかもしれません。アウトドアで、ティパックでも紅茶を入れて、くつろぐのも良いと思います。

スプーン・フォーク・ナイフ
----------------------

ステンレス製のもをお勧めします。折角のアウトドアなのに、割り箸では環境志向に反するものですね。*紙コップ、割り箸について、大勢でバーベキューをする時はお勧めですが、ファミリーキャンプでは、子供に環境について教えたいものですね。

check

食用金箔の販売
https://www.k-katani.com/kinpaku/kin-tsuru.html
転写プリント
https://www.forcus.co.jp/printing/methods-4/

最終更新日:2015/10/8

Copyright (C) 2008 CAMP×CAMP All Rights Reserved.